目黒の心療内科で吃音を治す~キツイ吃音を改善~

遠くを見ている医師達

治すために必要なこと

研修医

本人が吃音と自覚していない場合でも、聞いている方は吃っていると感じているケースは多いです。逆に、スラスラと話している人て周りからは吃っているとは思われていない人の中にも、吃音で悩んでいることもあります。吃音とは、同じ音を繰り返したり、つまったりするなどの言語症状のことです。その言語症状があるために、不安があり、会話をすることをなるべく避けようとするのです。吃音を治す上で大切なことは、気にしないことです。吃っていると、どうしても気になってしまい会話をするのが億劫になってしまいます。しかし、会話に不安がある場合は余計吃ってしまうものなのです。気にせずに、自分が思っていることを話すだけでも、吃音は改善していくことができるのです。

目に見えない病気や症状は様々あります。目に見えない病気や症状なので、余計1人で悩んでしまいがちなのです。特に1人で悩んでしまうことが多いのが、うつ病です。うつ病は、過度なストレスを受け続けた時などの発症する病気です。何事にもやる気が無くなってしまい、常に意欲がなくなってしまうのです。落ち込んだ気持ちになってしまい、自殺してしまうケースも少なくありません。気持ちが落ち込んでしまうことは、誰もがあることです。そのため、うつ病もよくある気持ちの落ち込みの1つとして認識してしまうのです。うつ病は周囲の人だけではなく、自分でも気づきにくい病気です。なるべく早く改善するためには、症状が軽い内から治療することが大切です。治療は、目黒の心療内科などで受けることができます。自分でうつ病かもしれないと思ったら受診することが大切ですし、周囲にうつ病の症状が見られる人がいたら受診を進めることが大切です。